スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザとそのワクチン

今回は代替医療や自然療法を進んでしていらっしゃる方に関心の高い、
新型インフルエンザワクチンについて。
従来のインフルエンザワクチンや、
その他の疾患のワクチンも同様に言えることなのですが、

ワクチンも他の代替医療(ホメオパシーを含み)が提案する予防策も、
100%感染を防ぐというものではないということ。

全ての予防策は、その人の持つ免疫力に大きく関係してくるということ。
よく、免疫が低いお年寄りや小さなこどもに優先的に打つと耳にしますが、
ワクチンはあくまでも免疫力の強化ではなく、
免疫が働きやすくするための抗体(目印)を作るものであるため、
抗体があるから免疫があるということではないということ。

多くの代替療法家や私の所属するホメオパシーの協会では、
ワクチンを接種することで免疫システムそのものを弱めることもあり、
かえって予防しようとしている症状をもたらすとも考えられています。
実際、インフルエンザワクチンを接種したのに罹ってしまった、
という人の話もよく聞きます。

一方で、ワクチンを打っていたからインフルエンザに罹らずにすんだ、
という報告もよく聞きます。

実際に、前回、前々回でお伝えしたような、
ホメオパシーのレメディーやアロマ、ハーブなどでの予防も、
ワクチンを打った人と同様に、
有効だった、そうじゃなかった、という両方の結果が出てくるはずです。

ただし、私個人の見解として、
ワクチンはその効果がどうのこうのということよりも、
それ自体がどのようにして作られて、
何が添加物として含まれているか?
副作用がどうなのか?
生体のウィルスに対する防衛システムを考えた時、
各防衛過程をスキップした状態で作られた抗体にどれだけ免疫が反応するのだろうか?

ということを考えると、
まず家庭でできることで、
手始めに古くから人が使ってきた、
人にとって親しみの深い、
自然の恵みからの予防をためしてみてはどうかと提案しています。
私が提案している以外にもたくさん方法はあります。
ある意味歴史が長い分、人体実証はもちろん多くの人がしてますし、
その後追い調査結果があるからこそ残っているのでしょうから。

人のライフスタイルで、
悠長に代替医療・民間療法ではやってられないけど、
なにか予防をしておきたいには、
ワクチン接種ということも選択肢の一つだと思います。

なんにせよ、人の持つ不安というものは、
免疫系と大きく深く関わっています、
なので、各自が安心・納得できる方法で予防や対応をされることをおすすめします。
今の自分や家族の一人一人の状態や取り巻く環境をよく観察し、
その人に必要な選択ができればいいですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 新型インフルエンザ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nico

Author:nico

旬の花時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。